「小谷可南子の手馴れた砂」
監督:木村文洋 2007年製作


彼女は一日に別の3日を愛している。
彼女=彼方の女(かなたのひと)は、いつの年齢の人と
共にいる時が幸福だったのか。
そして彼らにとっては、どの彼女が本当なのか。
長い問いかけがまどろんでしまった。
人間の「内面」を「外部化」する。
去年亡くなった故人の理知だけが自分なりに残った。

inserted by FC2 system